2010年8月9日月曜日

SCS、Google Appsと認証サービスを付与したiPadを一貫して提供

おはようございます。ITよろず屋の川田俊介です。

本日もGoogleAppsに関連した新しいニュースがありました。

SCS、Google Appsと認証サービスを付与したiPadを一貫して提供

住商情報システム株式会社(以下、SCS)は9日、株式会社ディーガイアと協力し、Google Appsと自社のクラウド統合認証サービスを付与したiPadを、端末手配を含めて一貫して提供するサービスを発表した。
 SCSは、Google Apps販売代理店かつ開発パートナーとして、導入支援から運用サポートまで、Google Appsにおけるトータルサービスを提供している。
 新サービスでは、iPadにあらかじめ「Google Apps Premier Edition」をセットし、住友商事の関連会社であるティーガイアの協力により、Google Appsと親和性の高いiPad端末を迅速に手配。加えて、独自の認証サービス「SCS CLIP IAS」を付与して提供する。
 SCS CLIP IASは、クラウドサービスやWebシステムの認証を強化するSaaS型サービス。PKIと同等の暗号鍵認証を実現しつつ、ユーザー側では従来と変わらな いID・パスワード方式で操作できる。パスワードはネットワーク上に流さず鍵の起動にのみ利用するため、強固な認証が可能。
 普段と異なる端末やロケーションからアクセス要求が行われた場合、正しいID・パスワードが入力されたとしても、自動でリスクのレベルを判断し、「秘密の質問」や「ワンタイムパスワード」を追加するといったリスクベースの認証を実現する。

「GoogleAppsを使っており、今後はiPadを端末として使いたいがセキュリティが心配」というユーザに向けたソリューション商品のようです。
モバイルPCに変わる新たな端末としてiPadが使われ始めている中で、当然ニーズがあるサービスなのでしょう。

私自身は、Google Appsを利用すること自体について言えば、セキュリティのリスクは下がると考えています。
しかし、それによってスマートフォンやiPad等のモバイル端末の利用機会が増えることを考えると、その部分のセキュリティには十分に留意する必要があります。

モバイル端末へのセキュリティ強化については、GoogleApps自体の機能強化も行われています(英語版のみ)

Google Apps」がモバイルセキュリティを強化、当初はiPhoneとWindows Mobileに対応

 Google Appsの管理者は、管理下のモバイル機器にさまざまなセキュリティ設定を施せるようになる。データ暗号化やカメラ使用禁止、パスワード有効期限、パス ワード再利用禁止といった設定を強制的に適用できる。誤ったパスワードを繰り返して入力した端末の登録を自動的に抹消したり、ローミング時の同期処理を禁 止したりすることも可能。


GoogleAppsでのセキュリティ対策については、まだ発展途上の段階だと思いますが、ビジネスで安心して利用できるサービスが数多く登場してくると良いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿